線材加工管理システム

 

 

本システムは、線材加工の進捗管理に

特化したシステムです。

ステンレス二次加工メーカー様向けのシステムとなっております。

特徴

 ・生産計画と生産実績から、仕掛品の現在位置と生産中の製品を自動計算
 ・欠品線材と数量を自動算出
 ・先頭工程の生産実績から、線材の消費実績と在庫の増減を自動計算
 ・受注別進捗情報、機械別作業一覧を表示
 ・実績を集計し即座に把握
 ・各工程ごとに受け入れ、完了することにより所在が明確化!!

 

 

※各工程はバーコードで簡単・正確・迅速に登録
 RFID タグ(ICチップ)による管理も可能

受注データの取り込みから始まり、作業計画作成、作業の開始・終了、進捗管理、
作業計画の管理が可能となっております。

「システムの流れ」

1.「材料データ取り込み」

材料メーカーより入手したCSV形式の材料データを一括で取り込む事が可能です。
1件1件手入力により登録する事も可能です。

納品データ取り込み
  処理

 

2.「受注データ取り込み」

 

①Excel形式の予めフォーマットが決まったファイルに
 必要事項を入力

②作業指示作成画面のボタンをクリック

これで受注データの取り込みは完了です。
対話形式の受注データ入力画面を開発する事も可能です。

受注データ取り込み
 

 

3.「作業計画作成」

①作業指示作成画面に表示された受注データより、作成し
 たいデータを選択し、
②受注詳細画面が開きますので、[編集]ボタンを
 クリック。
③閲覧モードから、編集モードに切り替わりますので、
 [工程追加]ボタンを
④必要事項を入力して、[登録]ボタンをクリック。

この作業を必要分繰り返します。
以上で作業計画を作成する事が可能です。
他にも、作業計画を作成する方法をご用意しておりまして、過去に作成された計画を呼び出したり予め決まったパターンを工程セットとして登録しておき、その工程セットを呼び出して、作業計画を作成する事も可能です。

また、同一工程、同一鋼種、同一投入サイズ、同一仕上げサイズなど、同時に作業可能な作業指示をグループとして登録、管理する事も可能です。

受注一覧
受注詳細/作業指示一覧
  作業実績

 

4.「作業の開始」

 

①作業指示一覧画面より、作業開始したい指示を選択。
②[詳細]ボタンをクリック。
③指示詳細が表示されるので、問題ない場合は、[開始]
 ボタンをクリック。
④先頭の工程の時は、投入材料のロットNoバーコードを
 読み取り、二番目以降の工程の時は、前工程で発行
 されたエブのバーコードを読み取ります。

エブが印刷され、作業開始が完了です。

この印刷されたエブをキャリアに括り付け、実際の作業を開始します。

作業進捗一覧
  作業開始
  作業指示詳細

 

5.「作業の終了」

 

①作業の終了(実績登録)したい作業指示のエブに印刷
 されているバーコードを読み取ります。
②必要事項を入力し、[登録]ボタンをクリックします。
③エブが印刷されるので、元のキャリアに貼り付けます。

以上で、作業の終了(実績登録)が完了です。

実績登録
  作業実績

 

6.「進捗管理」

 

どの受注の作業が今現在、どうなっているのかが色分けして表示されます。
1マスには、作業指示No、工程名、作業量、状態が表示されます。
作業量には、実績数量/計画数量で表示される為、残りの作業量も把握可能です。

作業進捗一覧
   

 

7.「作業計画管理」

 

工程別、機械別の作業計画が色分けして表示されます。
画面を開いた時間帯を基点に、一週間の間に計画されている作業計画が表示されます。
作業計画
 

 

8.「在庫一覧」

 

材料、半製品、製品の在庫の一覧を管理可能です。 在庫一覧
 

 

システムにおける管理項目

【材料管理】
   材料管理に関しては主要材料である線材の在庫管理を行います。
   ◆入庫処理(材料メーカーからの材料受入時に入庫処理を実施)
    入庫情報:材料品番・シートNo・材料ロットNo・入庫数量・入庫日時
   ◆出庫処理(先頭工程の投入実績から理論的に算出)
    生産終了時に線材が端数として残っていた場合のみ在庫登録を実施
    在庫登録情報:材料ロットNo・在庫数量・登録日時
   ◆在庫欠品処理(受注情報と在庫情報から材料の不足が発生する材料の発注量を算出)
    発注情報:材料品番・発注数量・希望納期

 

【受注・出荷管理】
   受注情報と出荷情報をデータベースにより見える化し納期管理を行います。
   ◆受注処理(営業が受注した受注情報に受注管理Noを付与)
    受注情報:ユーザー・製品品番・受注数量・希望納期・受注管理No
   ◆出荷処理(受注No毎にユーザーへ製品を出荷)
    出荷情報:製品品番・出荷数量・受注管理No・出荷日時

 

【生産計画】
   受注情報と生産進捗情報を元に各工程の生産計画立案を行います。
   先頭工程では同一生産できる製品に対する受注管理Noのグルーピング(線材のシートNo指示)
   を行います。
   ◆工程別生産計画立案(受注管理No毎の生産計画を立案)
    生産指示情報:生産計画日・生産品番・生産数量・受注管理No・グループNo

 

【生産実績管理】
   各工程における生産の実績管理を行います。
   ◆生産実績処理(製造工程における生産事績を登録)
    生産実績情報:生産着手日・生産完了日・生産品番・生産数量・受注管理No・グループNo
    生産号機・シートNo・材料ロットNo・先頭材料線径・末尾材料線径・仕上線径(品質情報)

 

【基準情報管理】
   生産活動に関わる共通の基準情報の管理を行います。
   ◆マスターデータの設定管理
    得意先MS/社員MS/勤務MS/設備MS/材料MS/品番MS/工程MS/コースMS

 

 

 

 

 

ワイヤー生産管理に特化した製造実行システムを

加工に熟知した弊社がオーダーメイドで開発します!!

 

 

推奨環境
 オペレーティングシステム Windows 7/8.1/10 以降
 CPU Intel Core i5 以上
 メモリ 2G 以上
 ハードディスク 1G 以上
 その他

ネットワークサーバー環境

タブレットPC(タフパッド)

※その他詳しい情報についてはお問い合わせください

 

泉ダイス株式会社と石黒機工株式会社とのコラボレーションにより、業界の専門性やノウハウを活かしてお客様にとって実戦で本当に役に立つシステムの開発をおこなっています。
様々な業界・業種に対し業務効率化のためのITソリューションをご提供いたします。

Information

E-mail
info-@izumidies.com
Tel
0820-52-1019
受付時間
月~金
9時~17時